2006-12-01から1日間の記事一覧

AFXのAnalordを聞くという体験の意味

AFXのAnalordを聴けば分かる。 それは自分という存在が巨大な装置のギアに噛み潰されて1立方センチメートルのコンクリート片の 無数の結合体へとリアレンジメントされるという体験に限りなく近い。 人であるはずの私というこのドロドロした粘性の物体が 小…

体験空間

体験空間とここで仮に呼んでしまっているものは、 我々が記憶可能な空間のことである。 だからこの体験空間というのは認知と身体と人間という種属性にも依存している。 心理的限界にも規定されている。記憶能力の制限にも依存している。 なぜそのようなもの…

形式だの意味だのスタンスだのという話

しばらくの間、形式だの意味だのスタンスだのということを書くのを控えていたので、 自分が何を考えていたのかもすっかり分からなくなってきているのだが、 形式という言葉で僕が言い表そうとしていたような、 制度やら仕組みやら図式やら法則やら体系やら傾…

有野企画と激写

激写 木嶋のりこ [DVD]出版社/メーカー: 日本メディアサプライ発売日: 2006/12/22メディア: DVD クリック: 124回この商品を含むブログ (5件) を見る有野企画 Vol.1 相澤仁美 vs 木口亜矢 [DVD]出版社/メーカー: video maker(VC/DAS)(D)発売日: 2006/11/24メ…

反復による体験空間の密度の強化と、Budakhan Mindphone

記憶を定着させるために人は体験の反復を行う。 繰り返された体験の反復によって 一回分の、高密度の体験空間が擬似的に形成される。 SquarepusherのBudakhan Mindphoneという音楽は、そういう意味では我々に 超高密度な体験というのが何であるかという重要…

FPS症候群

http://d.hatena.ne.jp/keyword/FPS%BE%C9%B8%F5%B7%B2 ・視界の中央に照準が見える ・高い所に登ると狙撃ポイントを探してしまう ・狙撃が怖くて屋外で立ち止まることができない ・ビルのダクトを見ると蓋を割ってそこに入りたがる ・振り向く速度が異常に…