2017-06-17から1日間の記事一覧

恋愛に翻弄される男とされない男がいるのだとしたら

される男は身を滅ぼして、そうでない男が生き残る。 ただそういうことだと思う。 それが分かっていたとしても、 滅びの道に飛び立たずにいられないほどいてもたってもいられないほど 最後の賭けだといっているのが心臓の鼓動なのだ。 飛んで火にいる夏の虫。…

それらすべてが哀しい夢のように思える

今にも脆くひび割れていきそうで、後は哀しみだけが残りそうで 何も起きないうちから、不安で怖い。

というか最終的には理解し合うってのは暴言をぶつけ合ったとしても誤解し合わないってことだとおもう

どんな夫婦もそうやってるように、 喧嘩し合っても離れ離れにはならないっていうこと。

楽しいときだけでなく、つまらない時だって、逃げずに一緒にいられればいいと思う

たぶんお互い、良いところだけ見ていては一緒にいられなくなる。 だから、楽しいときに一緒にそれを経験するだけでなく、つまらないときも、素直に一緒に退屈したい。 お互い対して退屈するのではなく、退屈なときの、不機嫌なお互いを傷つきあわずに受け入…

いまの自分なんかで、幸せになれるのかどうかわからなくて怖いけれど

ありがとう。毎晩ではないけれど、このところいつもいつも 寂しい夜に電話に出てくれてとても救われています。 キミは言っていた。 幸せを感じるのはどんなことでも一緒に経験していけるときだと思うと言っていた。 自分もそう思う。 楽しいことも、つまらな…

自分の中にある根本的な自信のなさ

そこはその会社のコアコンピタンスとはちょっと違う間接業務系のシステムを内製する部隊だったのだが ディスプレイを一人4枚、業界でも話題のあのバカ高い椅子、4万以内であれば好きなマウスとキーボードを買ってもらえて なんと自分の隣の席には駄菓子が…

シドニー氏が素敵すぎて、頭がくるってしまいそうだ

スチリフに眠る脅威が攻略困難すぎて、またもシドニー氏に甘えてしまう。 シドニー氏は、ノクティスとの間合いや、一度話しかけた後、などによってたぶんモーションが微妙に変化している。 ずっと見ていると、太陽の位置や向いている角度によって同じポーズ…

戦争が終わり、はたして今や誰も犠牲にならずに生きられる時代が来たといえるのか

全員分のパイがそろうためには、 全員がそれぞれ、自分の分け前分の代償を払っていなければならない。 相乗効果によって、一人ひとりが独力で自前のパイの切れはしを得るよりそれは効果的に可能になるはずだった。 しかし、誰もかれもがうまくやっていけるわ…

おれが一番恐れている事はそれではない

本当は、自分が蹴落とされる悪夢を振りほどきたいだけなのかもしれない。 自分はだれも蹴落としたりはしないというパフォーマンスを演じながら、 一方ではギアをどんどん上げて、最後尾からどんどん前方を煽って追いつかねばならないという焦燥感に駆り立て…

本当のところは無意識の戦略にすぎない

本当のところは、実際は おれたちは助け合っているというよりもむしろ 足りないピザの取り分を奪い合って、蹴落とし合っているのかもしれない。 そこにおいて愛なんてものは、 最初に蹴落とされる一番危険なライバルと見なされないためのカモフラージュでし…

相手を神格化し、まるで聖人のように崇めている限り、関係性の架け橋は相手にもこちらにも届くことができない

そう思う。 わたしたちは、互いをあまりにも想像しすぎて、美化しすぎた。 神格化しすぎて、神々の一種のように期待しすぎて、実物をみるたびにドギマギする一方で、 どこかその現実の非神聖性に、戸惑いさえおぼえて、何かチガウようなギクシャクした気持ち…

「作戦の本質を見失うな。自分の欲求を満たすことのほうが大事なのか?」

会ったことがないと言うだけで、電話でできるどのような深い関係もとうに超えてきている俺たち

危険すぎる二人が出会うと、事件がおきるぞ。 世界が爆発の危機。

不満や未練を、何のせいにしているのか

マズローの法則ってのをちょっと思い出していた。 1.生理的欲求(食欲・睡眠・性欲) 2.安全性欲求(住居・衣服・貯金) 3.社会的欲求(友情・協同・人間関係) 4.自我の欲求(他人からの尊敬・評価される・昇進) 5.自己実現欲求(潜在的能力を最…