2017-07-23から1日間の記事一覧

俺たちはもうオッサンなのだから

発育途上の若者ではない。 20歳前後で終わった神経ネットワークの発達の後、ただ少しずつ、失っていく才能を 記憶の蓄積でなんとか食い止めようとしている。 しかしそれも、次第に手におえない状況になっていくだろう。 老化というのはそういうものなのだか…

心を支配し、奴隷のように縛る何か

どこにいても、何をしていても、それは不意に訪れる。 なぜならそれは本当は、どこかにいるのではなく、自分の中に潜む者。 自分を支配し、無力な奴隷であると思わせるほどの、思い通りにならないもう一つの自分。 月の光に目を覚まし、凶暴な力で自分を侵略…

愛することも愛されることも諦めて

愛することも愛されることも諦めて、理解しえない謎を身にまとって 世界を翻弄する存在に憧れた。 スリルとスピード、爆発音。あらゆる記号の意味を信じずにすむ。乾いた笑いで、破壊する。 人が信じるものを、破壊する。 世界を蹴落として、俺がいた場所に…

誰も知らない何かが、人の人生を翻弄していく

誰も知らない何かにつつまれて僕らは生まれる。 それは海に似た何かで、暖かに揺らぎながら流れる何かだった。言葉も歴史も生まれる前からずっとそこで 寄せては引いて繰り返す波だった。 そのことに名前をつけたとき、人はその名前が本当は何を意味している…

それはきっと

子供の頃、例えば親子関係の中で、子供は子供として扱われて、子供らしくなっていく。 でも我々はもしかすると、親子関係よりも大事なものが、何かあったのかもしれない。 それは、近所のお兄さんだったのか、あるいは自分と自分自身との間の関係だったのか…