犯罪者とは誰のことか

劇場版 エコエコアザラク? DVD?MISA THE DARK ANGEL?

劇場版 エコエコアザラク? DVD?MISA THE DARK ANGEL?

フロイトがいうに、
罪悪感というのは、犯罪の後にうまれるものではないのだという。
そうではなくて、人は犯罪を犯す前から、前もって罪悪感を抱く。
そしてその罪悪感が実際の犯罪を犯すことで癒えるとでもいうかのように、犯罪者は犯罪を具体化してしまうのだという。
畠山容疑者は幼少期から暗い少女だったようである。
卒業文集などにも、心霊写真とあだ名されたことや、寄せ書きに「人を食らうぞ」とか理解しがたいことを記入していたのが記録として残されている。
そして短気で、いらなくなったらすぐ人を捨てるようなところがあったという元同級生の証言もある。
なんとなくだが、
むかしから周囲から浮いており、なんとなく自己嫌悪や自暴自棄におちいっていて、
自分は「人を食らう」ような悪いやつなんじゃないかというイメージにさいなまれていた少女だったのではないかという節がある。
そういう場合青春期には、
愛されない、親切にされない、人に好かれないのは自分の顔が悪いせいなんじゃないか、とか
自分が悪い人間だからなんじゃないかという風にして、自分を責め、罪悪感を感じることがある。
そういう自己嫌悪から生まれた自己イメージに、自分が悪いからだ、とかいうような形を自分の中で与えてしまうと、
自分の行為態度の選択肢もそこで形作られた自己イメージにさゆうされ、実際に不良になったり、万引きに走ったりしてしまう。
そういう兆候が、畠山容疑者にもみられるなあという感じがする。
人は「まわりにこう思われてるんじゃないか」という自己イメージを自分の中に作っており、
「まわりは自分をこう思っているはずだ」というイメージにそうようにして自分の行動を演じるものなのである。