KDPは食える商売かもしれない


KDPは商売として生計が立つところを目指せる可能性がある。
それも、別に大したことない私のような凡人ですらも。


まあ、今のところは良く考えてみたら大して稼ぎにはならない。
100円で売っているので30円しか利益にならず、例えば月6000冊売れてやっと18万の収入になる。
今月は恐らく100冊〜150冊ぐらいの売上になりそうだが、それでも月たった3000円しか稼げない。
金額を300円にしても9000円、それでも2000冊ぐらいは毎月売らないと最低賃金以下の収入となるので専業は成立しない。


正直言って、何が原因で急に売れるのかは複雑だ。
ただデータを分析していくと、どうやら売れれば売れるほどますます売れる事は確認できる。
Amazonの人気タイトルを買っている人に偶然買われると、「同じタイトルを購入した人が買っている本」に載り、
人気タイトルを買う人たちに対してAmazonのシステムがお勧めをかけてくれるようになる。
既にKindleユーザであり電子書籍に課金もしている人たちに対してのレコメンド広告は
Kindleを知らないかもしれず電子書籍に興味を持たないかもしれない人たちに対する宣伝に比べ
元々電子書籍を買っているコンバージョン率が高い人たちに確実に届く。
極端な話、レコメンド広告効果により人気タイトルの人気に引っ張り上げられて急に人気タイトルに変身してしまうということである。
だが人気タイトルを買っている人に買われるという事は、はっきり言って起きるか起きないか予測ができない。
売れないものばかり買ってる人に買われると、PVの低いレコメンド広告で埋まってしまうということもいえる


人気タイトルのついでに買われやすいコンテンツを、どう作り込むかで
偶然性を必然性に詰めていくしかないと言える。
月3000円の利益は日給にして100円、8時間労働にすると時給10円程度に等しい。
こんな割に合わない仕事はどこにもないと言えるかもしれないが、EUアメリカなどからも注文があった事を考えると、
本屋自体の集客力に左右される紙の書籍の商売に対して
世界中から見られるアドレスでクリック一つで購入されるAmazon電子書籍は物凄い逆転可能性がいつでもありうる。
もちろんただ密林の中に本を埋めておくだけではダメで、
芋づる式のつるの中の芋のように埋めておく必要があるだろうと考えられる。