プログラム上からメールを送信する際の文字コードはUTF-8だと逆にダメでむしろISO-2022-JPだという話


 UnicodeこそがこれからのWeb用のエンコードだ、と昔言われたことがあった。
だが、メールに関してはそれは完全にNOなのかもしれない。
プログラムからメールを送る際、UTF-8エンコードしてあると、例えばThunderbirdではゴミみたいに文字化けてしまう。
 Thunderbirdを使うななどと誰も言えない。
誰かが使っていれば、あるいは同じような動作をするものを使う人々がいるのであれば、そちらでも不具合のないように対応しなければならない。
......のだとしたら、永遠にメールはISO-2022-JPエンコードされなければならないということになる。

 なぜなのかは意外と根深い問題が絡む。現状、メールに限っていうなら、すべてのクライアントに対応できるのは、むしろISO-2022-JPなのである。