CakePHP3.xの開発環境をXAMPPにインストール


CakePHPもいつの間にか3.x系になっていたようだ。2系までと比べるとComposerを使えるので設置は簡単になった。
Composerというのはパッケージ管理ツールだと説明しているサイトもあれば、パッケージ管理ツールではないと説明しているサイトもある。
いずれにしてもライブラリ同士の依存関係をうまいことやってくれるツールみたいだ。


今まではCakePHPをXAMPPに設置する場合、httpd.confやLoadModuleの調整、ドキュメントルート以下の.htaccessの調整、
Security.saltの設定、database.phpの設定、各種フォルダへの書き込み権限の付与などなど
面倒があった。あれ?なんで動かないのという事の繰り返しであった。(ちなみに、今確認すると実は2.x系でもComposerを使ってインストールする方法を解説しているところもあるようだ)


だがCakePHP3.x系はもうComposerを使ってインストールするしかないようである。
そしてそれは今までに比べると圧倒的に簡単な手順で済む。


1.https://github.com/composer/windows-setup/releases/からComposerの実行ファイルをダウンロードしてインストーラでインストール。
2.XAMPPのドキュメントルート下あたりにCakephp3プロジェクト用のフォルダを作り、コマンドプロンプトでそこへ移動。
3.下のコマンドの[app_name]を任意のプロジェクト名に置き換えてコマンド実行。

composer create-project --prefer-dist cakephp/app [app_name]

4.Cakephp3プロジェクト用のフォルダの中身が生成されているので、configの下のapp.phpの中のDB接続情報を自分の環境に合わせる。


たったこれだけだ。
ちなみにフォルダ構成は2.x系までとはまた変化していて、controller、model、viewなどはsrcの下にあるようだ。