ポチポチゲーは本当にポチポチゲーだったのか


 昔書いていた事とも同じような話の繰り返しになってしまう部分もあるかもしれないけど、
実際には上に書いている話は色々なことが漏れているかもなあと思った。


 というのはポチポチゲーというのはスタミナ制の仕組みで、ポチポチタップして進捗グラフが進んでいくだけのゲームだとか
敵が攻撃してこないんで負ける可能性がないんだとか言うのは、ポチポチゲーと呼ばれていたゲームの面白さにはカスリもしてないからだ。


 一方でたぶん、スペックがゲーム専用機やPCに常に劣っているケータイの表現力や当時の通信速度では映像や高品質のデータの表現力がつかえなかったので
静止画素材をふんだんに使った絵を中心としたカードバトルという仕様が一番表現力があって流行ったというのは
よく言われていることでもある。ガラケー文化が異常に進んでいた日本で特異に進化したジャンルだったのもそういうことだろう。


 ポチポチゲーはそれだけではMMORPGなどと比較されると非常に欠けているものが色々あった為に、そこを埋める仕様がガンガン追加され
PvP(対戦)やGvG(ギルド同士の多人数対戦)、レイドボス(共闘)なんかが組み込まれ、
そこでの勝負の為により強い、パラメータや特殊効果の良いカードが必要になってガチャをガチャガチャ回しまくるという部分にゲーム性があったわけで
エストでポチポチポチってる部分はスタミナの消費しか見ていないクソゲー仕様でも別に問題なかったわけである。


 だが今では、そのクソで良かったポチポチ作業だったクエスト部分さえもが、作業ではなくてアクション性やら戦略性やらゲーム性のあるループに変わってきて
ソーシャルゲームがオンラインゲームやコンソールゲームとは異なるジャンルだと思われていた部分がうまいこと融合して
いつのまにやら今までのゲームジャンルの正統進化の方向性に発展してるんじゃないかという気がしてきている。
ゲームゲームしたゲームでありながらもスタミナ制の良い部分も使うとか、スマホ独特の操作性やセンサーを活かすとか、
今後も色々なものがでてきそうだし特定のジャンルの二番煎じみたいなものばかりが流行る長い時期が終わって色々なジャンルが入り乱れている感じに
なってきていて面白くなっている気がする。


 ゲームが映画を目指してプリレンムービー中心だけになっていくのではなく、セカンドライフみたいな仮想現実だけになっていくのでもなく
つまりよりリアルで高精細でありさえすりゃいいって流れだけでなく遊びやゲームの部分も洗練されて行ってほしいなと思う。
でも、決めておいた”正解”(アレ装備してないとレベルMAXでも勝てないとか、この手順でしかフラグ立たないとか、この編成でないとしのげないとか)の
攻略法をお題として隠しておいて、それ以外の方法で攻略できないように難易度をレベルデザインするってのではなくて
色々な攻略の可能性を無限に発掘していけるような自由なレベルデザインのほうがうれしい気がする
(だから対人戦やら試合みたいな部分が個人的にはやはり熱い。お題を攻略するだけでは難易度と正解のある試験問題を解いてる偏差値レースみたいになってしまう)。
そんなことを勝手に思ってる。


 ついでにいうと、10年ぐらい前には自分はゲームというのは快感を生じるためのシステムなんだとしか思っていなかった。
いい映像。いいUI、いいエフェクト、いいサウンド。いい音楽。それらを統合するエンジニアリング。デザイン。それは確かに核の部分ではある。
けれども実はそれらは手段なのであって、これら要素すべてが流行によって古ぼけていったりする。
本当の本質の部分は実は「遊び」そのものなんだと思う。その遊びを表現するためにそれらの要素が一つのコンテンツとして融合しているもの。それがゲーム。
で、その「遊び」というのは「スポーツの試合」であったり何かの「真似ゴト」であったり「試験」であったり「オシャレ」であったり「貯蓄」であったり「クセ」であったり
ありとあらゆる生活に遍在して共通している何かであるような気がする。予行演習的な。うまく言い表せない。命がけの何かではないものがすべて遊びなのかな。
でも命がけの戦争であれ、決闘であれ、それもゲームの重要な題材でもある。
ルールがあって、そのルールの中でできるだけ生き残ろうとする。それはゲームだと言えるかもしれない。
だが法律があって、その中で生活するのはゲームではないようである。現実のルールはゲームとは異なりまだまだ閉じた完全な仕組みではないからなのか?
ルールがあって、その中での駆け引きがゲームであるのだとして、
完全な法律と完全な道徳が実現した社会では、法の順守も逸脱も、良心も非道徳も含めてありとあらゆる生存の在り方がゲームとしてとらえることができるようになってしまうだろうか。
そうなってくると、ゲームという言葉はもしかすると「遊び」よりも外側にまで射程距離が届くような
ありとあらゆる動機付けや欲望の対象全てを主題化できるような概念にまで広がってしまうのかもしれない。
何がゲームではないのかを考えてみるとわかる。何々はゲームではないと言える可能性のあるすべてを、ゲームは主題として表現することができてしまう。
もちろん今そういう広範囲の対象までもがゲーム化されているわけではないし、今あるゲームのほとんどはそういうものを扱わないし
扱っても面白くなければどうにもならないから作られないと思う。そういう意味では、可能性がどれだけ無限であるということよりも
そこから面白くないものをどんどん引き算した結果残るものが、ゲームの中に残るものなのかな。
可能性の中のつまらなさをどれだけ引き算して、面白さをどれだけむき出しにできるのか。そしてその面白さが最大限に強調されるための陰影や余韻、前フリのようなもの。