憲法9条について思う事

 自衛隊が軍隊ではないと定義づけられているというのは知らなかったので勉強になった。
しかし9条を改憲して自衛隊を軍隊にすべきだという議論はいくつかの点から疑問を感じた。

 自衛隊を軍隊にすることで先制攻撃が可能となるが
冷戦後、国際的な軍事バランスはすでに核保有国同士の核抑止力のバランスになっており、
日本は核保有国でない以上、陸海空軍をどれだけ保有しても勝負にならない。

 日本が例えば核保有国である中国やロシアや北朝鮮との交渉をアメリカの庇護なく対等に
行うためには自前で核兵器保有している必要があったが、日本が潜在的保有国と見なされる
上で重要なカギであった高速増殖炉もんじゅ廃炉が決定された。福島原発事故以降の
脱原発の流れから日本は核開発競争から徐々に手を引いていく。

 そしてそもそも国際関係論から考えてみると
戦争を実行するなり何かを侵略とみなして反撃するなりと言った事は実は当事国同士だけの議論ではなく
国際世論の合意形成を前提にしている。日本はかつて真珠湾攻撃の際に国際法を無視して宣戦布告なしに
急に攻撃を開始した結果として軍事力を取り上げられたとするのならば、日本が軍隊を持ったとしても
それを使う事はできず、国際関係での合意形成を必要とするのであれば
軍隊を持たずに日米安保体制下で軍事力をアウトソーシングしている状況の方が日米双方の利害上都合がよいのではないか。
(日本は軍隊を持っていないのだから国際世論上、弱者の側の権利を主張し正統性を訴えやすい)

 もし、日本が国防を自前で賄うのであれば
問題を抱えている周辺諸国大半が核保有国である以上は
軍隊だけでなく核兵器保有するということをセットで考える必要がある。

 その上で私が勝手に思うには、日本は憲法9条を変える必要がなく、軍隊を持つ必要もなく
ただ核兵器だけを所有すべきだと思う。日本は先制攻撃のための軍隊を必要としないが、一朝事あった場合には
日本は核兵器JAXAの発射台あたりから撃ってくる"かもしれない"という抑止力だけを持っていれば
その抑止力が核保有国との外交上不可欠なカードになると思う。つまり今の日本が向かっている方向性とは
真逆の方向だと思う。

 私はしばしば街でチンピラといざこざを起しているが
喧嘩慣れている彼らは、間合いや言動で挑発しながらも自分からは手を出してこない。
相手に手を出させて、「正当防衛」でしばく。そうしなければ自分が悪くなってしまうからだ。
 同じような事をする能力でいえば日本はすでに十分に持っている。
そのうえで足りないのは、「核兵器」だけである。

 そしてまた、今日における軍事問題はすでに国家 対 国家の軍隊ではなく
国家 対 テロリストという新しい局面にあることも忘れてはいけない。
http://d.hatena.ne.jp/Kow/20110823

 例えば領土問題などはある観方をすると些細な問題で、それがどこの国の領土であろうと関係がなく
誰かがそれを私有地として買い取ってしまったらそいつのものであるという気がする。
 マンハッタンのロックフェラーセンター三菱地所が国家予算級のカネで買い取ったり、あるいは昨今の
都心の巨大ビルが中国の投資家に買い取られたりというようにもはや問題は国境線を超越したグローバル主義の問題になっている。


 ※追記
改憲は必要ないし
戦闘機も戦車も潜水艦も使い道がないから投資しなくていい。

日本が軍を持つ必要はない。

なぜなら冷戦後のパワーバランスでは
意味をなしているのは核だけで

日本は核とそれを精密に落とすためのロケット開発だけに資金を集中して
今までどおり非武装の平和主義を貫きながら

潜在的保有国であり地球の裏側にもミリ単位で着弾させられる可能性が大だと
思われているだけで十分ではないだろうか

中国なりロシアなりが本気モードになったら
東京も大阪も核ミサイルで穴になり

通信や指揮系統が途絶えている間に世界地図が塗り替わってしまう
その時戦車も戦闘機も潜水艦も
なんの意味があるのか

そうならないために必要な抑止力は、ステルス機などではなくて核兵器による反撃能力だけであり

核だけが平和を守れる
抑止力だけが平和を守れるのだ

その為に改憲など必要かといえば一切なにもしなくていい
原発もやめなくていい
今までどおりでよい
戦車や戦闘機や潜水艦に投資することだけやめればいい


※追記の追記


脱線になるけれど
インターネットというものはそもそもの始まりで核戦争を想定して設計されている。
パケット交換方式は中央制御が存在せず、通信経路が断線してもパケットを分散させ迂回させ最終的に目的地に
届けるための網の目のような構造を使ったネットワークである。
アメリカは冷戦前からすでにそのような冗長化された仕組みを各種制度に織り込んで
弱点となりうるような中枢を持たないかあるいは中枢が西海岸東海岸冗長化されるような形になっており
全土を焦土にでもしない限りはトカゲの尻尾のように再生して復活するような形を作っている。

一方日本はどうかといえば、東京が何らかの有事なり災害によって消失した場合に
大阪が機能をバックアップできるような体制になっているかといえばなっておらず
あるいは東京と大阪が同時に消滅した場合に各都道府県がバックアップできるようなスタンバイ状態体制になっているという実態もない。

港区だったかが
アジアヘッドクォーター特区構想というのをやって海外のエリートや多国籍企業のヘッドクォーターを
優遇招致するような政策をやっていたが、それは港区ではなく全国の地方都市でやるべき事なのではないかと考えた事がある。
地方には土地があまっており過疎も進んでいる。
そういう場所はほとんどの場合、巨大工業地帯かもしくは原発経済が広がっているのだが
そうではなくて多国籍企業の本社機能や東京の企業の本社機能が集まるようにし
その雇用と生活を中心に商店、飲食、サービス業、社会インフラなどが企業城下町のように広がっていく
ようにしたほうがいいのではないか。

そうすることによって地方都市に首都機能のスタンバイ体制が実態的に備わっていくのと同時に
地下鉄網を前提にした蜂の巣になっている首都圏の生活が生み出している様々な非人間的な惨状と
そこからうまれる各種社会問題が軽減されていくことにもつながり
地方の安い家賃を前提にした新しい豊かさのある生活スタイルの可能性が広がってくると思う。
そしてそれら全体が総体として、東京という中枢を核攻撃や震災が襲った場合のディザスタリカバリー戦略としての
縦横無尽なバックアップ体制、国力の強さを生み出すことになるのではないかと思う。


 ※追記の追記の追記


改憲派の言っているとおりになると
たぶん日本は今のままの自衛隊を合憲化して
保有国相手に戦争をすることになる

日本は防衛費を毎年かなり積んでいるし軍需産業も強い上に自衛隊は軍隊でないにもかかわらず
規模がとてつもなく巨大であるために

軍隊同士での衝突になった場合にアジアで無双状態になるだろうが
問題なのは軍隊ではなく 中国やロシアや北朝鮮が核ミサイルを持っているということで

どのような規模の軍隊であれ核爆発で消滅してしまう

そして本当に彼等がいうように日米安保があやしくなっているのであれば
日本が核を貸してくれ、移管してと言って太平洋を護送船団がわたり始める航海が始まった瞬間に

テポドンが東京と大阪に着弾して

日本に核が移送されようとしたころにはもう
日本列島そのものが海に沈んでしまっているかもしれない

領土問題は軍隊があれば解決するのではない
なぜならほどんどの相手国はそのような核保有国だからである

保有国を相手に外交をするなら
必要なカードはキノコ雲の犠牲になるための軍隊ではなく打ち返せる核の影だ

その核兵器

実在しなくてもよく
”本当は隠し持っているかもしれない”という臭いをぷんぷんさせるだけでよいのである

そしてそのために必要なのは
しばらく前に流行った脱原発ではなくて、まさに原発推進だということである

福島原発を繰り返さないためにも原子力を完全にコントロールできるかもしれない可能性に賭けつづけて
科学技術の探求をやめてはいけない

中東に派兵しろという国際世論があるのであれば

アメリカ様から頂いた憲法9条に忠実に従った結果として日本には国際法上の軍隊がない
アメリカ様のために中東に派兵すべき軍隊がないと主張すればいいだけの話だ。
それで恰好がつかないならドローンや無人運転車両と物資を大量に送ればいい。
憲法を改正する必要はないと思う。