そうその人は



その人しか知らない知識があった。領域を横断してありとあらゆる分野で問題を解決してきた人だった。
全貌を網羅しながら得た広範な知識を手掛かりに、各分野をもっとも深くまで把握した人だった。


部分が全体に関わるあの巨大な構造の中で、
細部の意図を完全に読み解くための唯一のアプローチをひたむきに突き進んだ人だった。


にもかかわらず、その笑顔は、不思議なほど無垢だった。その笑顔はオトコ達をあおったのである。