いまの自分なんかで、幸せになれるのかどうかわからなくて怖いけれど


ありがとう。毎晩ではないけれど、このところいつもいつも
寂しい夜に電話に出てくれてとても救われています。


キミは言っていた。
幸せを感じるのはどんなことでも一緒に経験していけるときだと思うと言っていた。
自分もそう思う。


楽しいことも、つまらないことも、一緒に楽しみ、一緒に退屈し、同じ気持ちを傍で分かりあって過ごしていきたいのに
そうできないから胸が切なく寂しかったのだ。


T君は、キミの束縛が凄すぎて戸惑っている、そうO氏に言われたそうだけど
自分はそんな風に束縛されてみたい。


自分がキミにそうするように、キミも僕をがんじがらめに束縛してほしい。
土日も仕事で、平日お休みのキミと何年も前からずっとやり取りがあるけれど今まで会える予定が全部ダメになってた。
今度はどうなるだろう。



ようやく初めて会ったら、お互い相手をどんな風に感じるだろう。
期待もあるけれど、怖くもある。


色々な出来事を思い出しながら、今はなにもかもがキミのことにつながっている気がする。
そのことに気が付くための、今までの思い出だったとすら思える。


今日は君のお昼休みに電話くれて嬉しかった。離れていても、一緒に生きている気がした。
午後もがんばってね。