余計なお世話な心配をするのは、相手に対しては侮辱でしかない


 勝手に、相手を見くびっているだけでしかなかったと思う。
 誰でもその向こうには、色々な人脈を背負っていてそこにいる。
知りも知らないおれにはそれが見えていないだけだ。


 知っている範囲だけで想像して、知っている事だけを頼りに余計なお世話な事をしても
「は?」という反応しか返ってこない。


 心配しなくても、おれみたいに弱い奴なんて他にはいない。
失礼なことをしてしまったと反省した。
 そのことに気づくことができて、スッキリした。それらすべてが、性欲の言い訳だろ、と自分を殴りたいほどスッキリした。