私は自分がここにいることを見つけてもらいたいのだと思う

 私は自分がここにいることを見つけてもらいたいのだと思う。
 そしてその相手は、現代のクレオパトラなんかではなく、私とほとんど同じような生い立ちで、ほとんど同じような事を考えていて、
何から何までそっくりでありながら性別だけが異なるような、人間にだと思う。


 そういう相手であれば、何から何まで共感し合い、お互いが何を求めているのか何も言いあわなくても通じ合えるのかもしれない。
そういう相手が、この世のどこにもいないとは信じられない。
 にもかかわらず、ネットが広大であるはずであるにもかかわらず、そんな相手を一人も見つける事はできていない。


 極めて普通の人間が、極めて普通の人間を探そうとしているだけであるはずにも関わらず、銀河の彼方に異星人を信じて探索するのと
同じくらいに見込みのない事なのかもしれないという気さえしてくる。


 同じような人間であれば、同じような事を考えて同じような事をしているはずで、すぐそばに見つけられる可能性のほうが高いのに
周囲は似ても似つかぬような人ばかり囲まれている気がする。自分は自分がわかっておらず、いるべきところでやるべきことをしていない
せいで宇宙空間の中、迷子にでもなっているのだろうかとさえ思えてくる。いるべきところに行けば、似たような仲間ばかりいるはずなのだろうか?