ボディタッチしてくる人


 やたらにボディタッチしてくる女性がかつていて、
 どういう気持ちなんだろうと理解できなかったけれど
なるほど今ようやく理解できるようになってきた。


 男性側からは、「女性に必要とされたい」みたいな下心があるかもしれないし、女性は男性を必要としているのだという
決めつけがあるだろう。


 でもああいう女性は、たぶん男性を、かわいがるとなついてくる動物であってほしい
という風に見ていて、自分を必要としてくれる単純で分かりやすい存在であってほしいと思っているのかもしれない。


 おそらくほとんどの男性が女性をそう見ているような気持ちと同じかもしれない。
相手が「必要としてくる存在」というよりも「必要とされたがっている存在」だと思えば、
なんとなくその行為は理解できなくもない。


 でも自分はそれをそう思ってなかった。何かしら、すごい自分であらねばと、どんどんその単純な分かりやすさから
かけ離れていこうとしていった。ただ、助けられる力だけを蓄えなければと。
それは完全に逆行だったのかなと思ったりした。