Cookie

<html>
<body>
<?php
echo isset($_COOKIE['test']) ? $_COOKIE['test'] : '';
?>
<script>
document.cookie = "test=999";
</script>
</body>
</html>

Chromeで右クリックして「検証」をクリックすると出てくるサイドメニューの右上のほうに「>>>」のように省略されているメニューがある。
このApplicationを開いて、Cookiesを見ると、ブラウザがサイトとやり取りしているCookieの値が見える。
Cookieは、自分のブラウザに保存されている情報である。キャッシュをクリアしたりすると消えるが、
Cookieを渡しているプログラムの有効期限が続くまでブラウザに保持されている情報だ。


Cookie自体は、

document.cookie = "名前=値; max-age=残存期間";
document.cookie = "名前=値; expires=日付";

のような記述でブラウザに渡すことができる。期間や特定の日付をセットして、その日までは残り、やがて消滅するように設定できる。


このブラウザ側に保持されたCookieは、
サーバ側では

<?php
$_COOKIES['cookieの名前'];

の形でアクセスして中身を得られる。


memcachedなりKVSなりCookieなりなんでもそうだが、普通に連想配列のように扱えて難しいことは何もない。
理屈は時にむずかしい場合もあるのだが、使う分には難しさはほとんどない。