グッケンビュール・クレイグ

 自分自身がタオの状態に戻るまで待たねばならなかった。
 そうしたら、雨が降った。