消防団音楽隊

 消防団音楽隊のコンサートに行ってきた。
 無料であった。ホールはほとんど満席だった。デジタル化されていない生音に体がシビれた。
 最初の曲で、打楽器の方が良い感じだなと思った。するとその人がどんどん際立ってきて、目が離せなくなった。吹奏楽系の人達にくらべれば打楽器の4名は脇役かもしれないが、打楽器の人達がいきいきと基調を作って、すばらしく持ち味を出していたと思った。中でもとりわけ、私のなかでMVPだった男がいる。私は彼を、心のなかでカルロスと名付けた。カルロスはポーカーフェイスだが、心はラテンの情熱で煮えたぎっている。