ハッシュのデリファレンス

配列だけでなくハッシュでも同様のことがいえるようだ。

my %hash = (id => 'test', name => 'test2');
my $ref_hash = \%hash;

use Data::Dumper;
print Dumper $ref_hash;
print Dumper %$ref_hash;

%$とすることで、%{$hogehoge}という記法を略記して元のハッシュにアクセスできる。

$VAR1 = {
          'id' => 'test',
          'name' => 'test2'
        };
$VAR1 = 'id';
$VAR2 = 'test';
$VAR3 = 'name';
$VAR4 = 'test2';

また、配列では[]でリファレンスがとれたのと同様、ハッシュでは{}でリファレンスをとれる。

my $ref_hash = {data => 'abc', note => 'efg'};

use Data::Dumper;
print Dumper $ref_hash;
print Dumper %$ref_hash;
$VAR1 = {
          'data' => 'abc',
          'note' => 'efg'
        };
$VAR1 = 'data';
$VAR2 = 'abc';
$VAR3 = 'note';
$VAR4 = 'efg';