士気

 かつて、モチベーションというものは
個人に帰属しているとは見なされていなかったのだろうか。
 軍団のモチベーションの問題は、
その軍団を率いるリーダーシップの能力に帰属していると
見なされた上で、士気という言葉が使われていた。

 だが今を生きる我々には、士気というものが
存在すると言えるほどの、連帯意識、帰属意識というものが
まだ存在しているのか、甚だ疑問がある。
 人は組織人であるよりもさらに、独立心をもった個々人であるわけである。