想像力格差社会

人は何かがあったとき、無意識にその先の結末を予想して、

そしてその予想を信じ混んで行動や選択を

絞り混んでしまう。

その結果として、選ばれた行動や選択は、

予想していたことを現実化させてしまう。

 

すこしはしょると、

想像力の乏しさによって人は不幸になっていき

想像力の豊かさによって人は自由な未来にむかう意欲を得る。

その想像力に、格差を生じさせるのは、どれだけ自分で選択し行動し失敗や成功をしたかということだけだ。ひとから聞いたり本で読んだというだけでは、なかなか身につかない。