おれのような人間が生きているそれだけで

 おれのような人間がのうのうと生きられるということ自体に深く傷ついている人がいる。認めたくない、死んでほしい、と思っている人がいる。そういう風に思われてしまう人の哀しみ、誰もに認めたくないと思われ死んでほしいと思われている人の心に突き刺さった槍の傷には、誰もが鈍感で、残酷なほど無関心だ。